.

渡された明細レシート保有する必要はないのだろうか?結論について冒頭に述べるととっておく義務は特にありません。個々人で所持していることで自らが決済した痕跡を保管しておきたいという際は捨てなければよいことですし、もしそういった証跡は必要でないのであれば残しておく理由はないです。しかし定期的に送付されてくる利用明細書類との確認の際には絶対上述の明細レシートは不可欠なのです。レシートをその時まで最低限キープしておかなければ、どこでいつ頃いくら使用したのかについてわからなくなるだけに限らず、誤請求や重複した請求等の照合すらできないから危ないです。クレジットカードを使った内容はレシートを持っていないと覚えておくことはできないはずです。利用明細書類が来る1ヶ月か2ヶ月前後は、きちんと明細レシートを捨てないようにしたい。クレカのレシート破棄方法》クレジットのレシート廃棄のやり方は超簡単です。第三者に不正な使用をされないよう細かく裁断して捨てるだけで大丈夫なのである自家用裁断機が利用できるようであれば用心のために使うのもありでしょう。クレカの利用内容を残しているレシートなのであるからNoなど個人情報を知られてしまうデータがいっぱい書いてある。普通の明細レシートと思わず用心して行うようにしたいです。一方、最近は悪用防止のために利用レシートにカード番号といった個人情報が表記されていないことも出始めているが信用しすぎは禁物と思われます。