.

現実にパソコンの。アリスタウン

ディスプレイの前に座りリアルタイムで動いている為替レートを見ると、何となくトレードをせずにはいられなくなるという衝動に駆られる人も多いと思います。中国国際結婚

だけど、ぼんやりした感覚でトレードすることは、間違ってもしてはいけません事実、為替相場は年中、常にいずれかで市場は変動しているし、相場も休みなく上がったり下がったりします。アクアデオ

とは言っても、注文をすると、その回数だけ損失を被る危険が高くなります。

無論、売買の数を積み重ねる事でじょじょに勝つ確率が50%、50%になるのは周知の通りです。

けれどもその事は「ぼんやりとしたインスピレーションでトレード」とは話が違います。

売買回数を増やす意味というのは、自分自身が「ここだ!」と考え付いた勝算を得たケースでの売買回数を積み重ねるという事です。

理由がなく、ひっきりなしに売買をするのとは明確に違う。

マーケットの戦いに勝利するためにはけじめをつけることが大切です。

「ここで勝負」と思った相場の時には迷わず保持ポジションを増やして思い切り儲けを追い求めます。

「何となく難しい為替相場で、どうなるか考え付かないな」と思ったならば、思い切ってポジションをひとつ残さず諦めて黙っています。

それぐらいのけじめをつけた方が、結果的にはトレードはうまくいくものだ。

相場の名言には「休むも相場」というものがある。

本当に言葉どおりです。

FXとは休みなくポジションを所有する事が大事ではなく、売買ポジションを所有せず何もしないことも場合によってはFXです。

それならば、どの場面で、休むといいのでしょうか。

ひとつは、先述の通り、直近の為替相場が具体的に理解できない時です。

これからどちらにいくのかわからないような時は、ヘタに動くと、自分の思い描いた物語とは反対の方向に相場が変化してしまい損する事になってしまいます。

だから、そのような場合はポジションを整理してそのまま何もしないで様子を見ているのが最良の選択です。

第2に、あなたのコンディションがすぐれない時。

体の調子と外国為替相場につながりがない考える投資家もいるだろうが。

現実には案外影響します。

コンディションが悪い時は、マーケットの大少な局面で正しい判断を下すことができない。

やる気がわかない時は市場から距離を置くことも大切な事です。