.

自己破産をしたとしても司法機関から親族に直に事実関係の報告などがなされることは考えられません。75-19-100

なので、家族や親族に露見してしまわないように自己破産できるかもしれません。75-11-100

ただし実際には、自己破産を行う時に同居している親族の所得を証明する書面や預金通帳の複製といった資料の届出を要求されるといったことがありますし、消費者ローンから近親者へ通達がいくこともあり得ますから親族にばれずに自己破産申請がすることができるという100%の確証は望めないと考えられます。75-6-100

確信犯的に知らせずにしておいてそれ以後に知られてしまいことに比べれば本当のことを恥を忍んで真実を打ち明けて家庭のメンバー全員が協力し合って自己破産を切り抜ける方が無難でしょう。75-18-100

また一緒に住んでいない近親者ならば破産の申告をしたことが知れ渡ってしまうようなことはまず考えなくて良いといえます。75-5-100

夫または妻の賠償義務を滅するために離婚届の提出を考えるカップルもいるとのことですが、それ以前にたとえ夫婦とは言えども基本的には自分が書類上の(連帯)保証の名義人に身を置かない限りにおいて民法の上では支払い義務はありません。75-7-100

その一方で、(連帯)保証人という立場身を置いているケースはたとえ婚姻関係の解消を行っても保証人としての義務に関しては残存していると言えるため支払に対する強制力があると考えられます。75-15-100

だから別れることを行っただけで借入金の支払い義務が消失するということはまずないのです。75-13-100

そして、現実として借りた会社が破産者の家庭に支払請求に及ぶこともありますが、保証人ないしは連帯保証人ではないということであれば子と親の間ないしは弟と兄の間など親族間の未返済金などの債務であろうとも借りた人以外の家族や親族に法律の上では法的な支払い義務はあり得ません。75-9-100

そもそも、支払義務を負っていない家族や親族の人に対して支払いの催促をすることは貸金業を規制する法律に関する金融庁の実務ガイドライン内で禁止されているため支払催促の仕方によっては貸金業関係の法律の支払いにおける督促のガイドラインにそむくことになります。75-10-100

したがって法的な支払い義務を請け負っていないにも拘らず債務を負った人の家族が取立てを受けたというならば、債権者に対して支払請求を直ちに止めるよう注意する内容証明郵便を出すべきでしょう。

人情話風に債務を負った人本人のことがとてもかわいそうでならないからと思ってしまったために本人以外の家庭がお金を代理となって支払ってしまうということもまりますが、借入者本人が幸運に他力本願になって以降も借金を蒸し返してしまうことが多いのです。

従って債務をもつ本人立場で考えれば債務者本人の自助努力で貸与されたお金を弁済させるかそのようなことが不可能ならば自己破産の申し立てをさせた方が借り手本人の長い人生をまっとうするためには良いと思います。



75-4-100 75-8-100